歯の健康と唾液の関係性を紹介!

MENU

歯の健康と唾液の関係性を紹介!

入れ歯のCMや広告を、さまざまな媒介を通して見たことがある方は多いと思います。
年齢とともに歯が弱っていき、
自分の歯で満足に食物が噛めなくなると、
普段の食事が楽しめなくなります。

 

そのため、普段通りの食生活を楽しむために、
人工の歯である入れ歯が普及しています。
新百合ヶ丘の幅広い世代に人気の歯医者では、ひとりひとりの口内に合った入れ歯の製作につとめています。
入れ歯をする目的は、硬いものが噛めなくなることで、
食生活に支障が生じるという理由が大きいのですが、
噛むことだけが食事をする際の歯の役割ではありません。

 

実は、唾液の分泌にも歯が大きく関与しているのです。
ここでは、唾液と歯の関係を簡単に説明します。

 

 

●唾液の必要性
唾液が何故、食生活に重要な役割を持っているかというと、
口内を潤わすという大事に役割を持っているからです。
実は、口の中に水分が全くなくなってしまうと、
舌と物が擦れて口の中が傷だらけになってしまうのです。

 

味蕾という、食物の味を感じる機能が低下してしまい、
味蕾自体が無くなるということも起きます。
そうなると、単純に考えて食物の味がほぼ感じられない、
という自体が起こってしまうのです。
しかし、これが何故、歯と関係あるのでしょうか。

 

 

●噛むことが重要!
唾液を分泌させる大切な方法としては、よく噛むことが挙げられます。
噛み合わせが大切、言われるように、歯は噛むことに重要な役割を果たしています。

 

しっかりと噛むことができないと、上手に口内に唾液が分泌されないのです。
食物を噛む、という以前に、
ちゃんと噛めるということが、
ご飯を美味しく食べるためには重要な行為なのです。

 

いつまでも美味しいご飯を食べるために、
自分の歯の健康を守り続けていきたいですね。