キシリトールは虫歯を防ぐ?

MENU

キシリトールは虫歯を防ぐ?

キシリトールとは天然由来の甘味料の一種で、
砂糖の成分の大半を占めるスクロースと同等の甘さを持っていることから
主に砂糖の代用品として使用されます。

 

かつて虫歯予防ができるとしてテレビCMでブレイクしたガムがキシリトールガムでした。

 

このころから、なぜ虫歯予防ができるのかは理解されないまま、
キシリトールには虫歯予防効果があるということだけが広く知られることになったのです。

 

キシリトールの虫歯予防効果というのは
「虫歯の原因にならない」ことと「虫歯になりにくい環境をつくる」ことであって、
キシリトールを食べれば虫歯にならないという訳ではありません。

 

虫歯の原因となる細菌のミュータンス菌は、糖質を分解・発酵させることで酸を生成します。

 

その酸が歯のエナメル質を溶かすことで虫歯が生じてしまうのです。

 

ところがミュータンス菌はキシリトールの糖質を取り込むことはできても
分解することができないのです。

 

そのことで発酵が起こら虫歯の原因になる酸が生成されません。

 

さらに、キシリトールは
「分解できないキシリトールを取り込むことで、ミュータンス菌の活動が弱まる効果」
「プラークをつきにくくする効果とはがれやすくする効果」
「歯の再石灰化を促進する効果」が認められています。

 

キシリトールにはこうした効果があることで、
「虫歯になりにくい環境をつくる」ことができるのです。

 

再度確認しておかなければなりませんが、
キシリトールを摂取するから虫歯を防げるということではありません。

 

やはり正しい歯磨きと定期的な歯科検診といった基本的なことをおろそかにして、
虫歯を防ぐことはできないのです。

 

信頼できる、大島のさくら歯科がオススメです。