鉄よりも硬い、歯の秘密を調査!

MENU

鉄よりも硬い、歯の秘密を調査!

虫歯やインプラント、歯周病予防など、歯科医を利用する目的は人それぞれです。
八王子の矯正治療が得意な歯医者で、歯並びを綺麗にしようとしている方も多いでしょう。
歯に何かが起こった時、歯医者を利用される方が殆どだとは思いますが、
そもそも、普段はあまり歯についてそこまで深く考えてはいないのではないでしょうか。

 

実は、歯には普段われわれが知り得ない、凄い力や秘密が備わっているのです。
ここでは、そんな歯についての豆知識をひとつ紹介します。
ぜひ、楽しみながら学んでみてはいかがでしょうか。

 

●歯は実は物凄く硬い!?
歯は、食品を食べる際などに重要な役割を担う部分ですが、
その硬さについて考えたことはあるでしょうか。

 

実は、歯は鉄よりもずっと硬い物質なのです。
物の硬さを図る値にモース硬度というものがありますが、
実は歯は鉄やガラスよりもずっと硬い値となっています。
まず、モース硬度は10段階になっているのですが、
モース硬度の1が黒板に文字を書く、あのチョークです。

 

そして、上がるにつれて純金や珊瑚、鉄、オパールなどになっていきます。
実は、歯が現れるのはモース硬度7。
オパールの次に硬く、鉄や真珠よりも硬度が高いとされているのです。
これは、驚きですよね。

 

●エナメル質が硬さの秘密
歯が鉄よりも硬い値を出している秘密に、エナメル質が関係しています。
このエナメル質は人間の身体の中で一番の硬度を持つ組織とされており、
歯が丈夫なのはこのエナメル質によるものなのです。

 

しかしながら、歯垢の中にいる虫歯菌にエナメル質は非常に弱く、
放置しておくとエナメル質が溶かされてしまいます。
やはり、健康な歯を保つには定期的な歯科医での検診が必要でもあるのです。