虫歯や歯周病は口臭の原因になる!?

MENU

虫歯や歯周病は口臭の原因になる!?

他人と話している時、自分の口臭が気になる、という方は多いかもしれません。
特に女性などでは口臭に注意している方が多いと思いますが、
男性であっても当然注意しなければならない、最低限のエチケットではあります。

 

もし、口臭に注意しているのに臭っている場合、
歯が原因であることが考えられます。
ここでは、歯と口臭の関係を紹介します。

 

●歯が原因の口臭とは?
口臭の原因は、口内の細菌が原因の「揮発性ガス」と言われています。
唾液の量が少なく、口内の衛生状態が悪い場合に起こりやすいと言われています。
この場合、口内を清潔に保てば解決する可能性がありますが、
歯が原因の場合はそうもいきません。

 

全身的な理由も口臭の原因となりますが、
虫歯・歯周病も口臭の原因になります。
歯周病により血が出ると当然臭いますし、
不適切な重鎮物が歯にあるだけでも異臭を放ちます。

 

もし、健康にも注意して食べ物にも注意しているのに口臭が気になる、
という場合は歯が原因と考えても良いでしょう。

 

●対策方法
まず、歯が原因であれば食事の後などは常に歯磨きなどを行って清潔な状態を保つ必要があります。
ただ、歯磨きだけで改善されるなら良いですが、
虫歯や歯周病の場合は一日でも早く歯科医へ相談しにいくことが重要です。
蕨で評判の良い歯医者なら親身になって話を聞いてくれます。

 

歯周病や舌苔が原因であれば、歯石を落としてくれますので、
歯茎が健康な状態となります。口内の細菌を減少させるだけでも、
かなり改善されると考えられるでしょう。
口臭は、なかなか自分では判断しにくいものです。
違和感を感じたら、歯科医に診療してもらう、
というのもひとつの解決策になるのではないでしょうか。