歯磨き粉を付けて磨かないと虫歯になる?

MENU

歯磨き粉を付けて磨かないと虫歯になる?

歯磨きの必要性につてはだれもが認めるところですが、
歯磨き粉を付ける必要があるかないかという点に関しては
歯科医師の間でも意見が分かれるようです、

 

歯磨きの必要性は
「歯に付着した食べカスや歯垢を除去して口腔内を清潔に保つこと」、
「マッサージすることで歯肉の健康を保つこと」の2点です。

 

この2点を満たす上で、歯を磨く際にはたして歯磨き粉が必要なのでしょうか。

 

わざわざ歯磨き粉を使わなくても、
歯垢や食べカスは歯ブラシの毛先をつかった丁寧な歯磨きでほとんど落ちます。

 

たしかに長い時間経過した歯垢は落としにくくなりますし、
歯石は歯磨き粉を使っても除去できません。

 

そうした歯垢や歯石は、歯科医院で専用の器具で除去してもらうべきです。

 

歯磨き粉に含まれている研磨剤を利用する方法もありますが、
歯の付け根などをすり減らすことで知覚過敏になる恐れがあります。

 

歯肉のマッサージについてはその必要性について誰もが知っているのですが、
「面倒くさい・時間がない・方法を知らない」といったことを言い訳にして
あまり実行されていないのが現実です。

 

歯磨き粉を使えば歯ブラシが勝手に歯肉をマッサージしてくれるわけではありません。

 

こうしたことを考えると、
「歯磨き粉を付けて磨かないと虫歯になる」ということではなく
「適切な歯ブラシの使い方ができていないと虫歯になる」というのが正しい表現と言えます。

 

歯磨き粉を使うのはよくないということではなく、
虫歯や歯周病から歯や歯肉を守るためには正しく歯ブラシを使えば十分だと言えるようです。

 

歯の磨き方はプロに習うのが一番です。
歯科医院で定期健診と合わせて正しい歯の磨き方を学びたいものです。

 

歯のセルフケアについての相談も、こちらの歯科へ!→http://www.sa-dental.tokyo.jp/