チョコレートを食べると虫歯になる?

MENU

チョコレートを食べると虫歯になる?

食べ方にもよりますがチョコレートを食べると虫歯になることがあります。

 

しかし直接的な原因はチョコレートにあるのではなく、
チョコレートに含まれる砂糖が原因で誘発させる虫歯です。

 

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は砂糖を餌にして強い酸を出し、
その酸によって歯が溶かされることで虫歯ができます。

 

ですからチョコレートを食べた後に歯磨きやうがいをして
「口の中に糖分を残さない・歯に付着した糖質を取り除く」ようにするのであれば、
チョコレートを食べると虫歯になるといった心配はありません。

 

チョコレートには虫歯になるというよりも、
虫歯を予防する効果成分が含まれているということが明らかになってきました。

 

緑茶やウーロン茶に虫歯予防効果成分が含まれていることは知られていますが、
チョコレートに豊富に含まれているカカオポリフェノールには、
緑茶やウーロン茶の虫歯予防効果以上に
虫歯菌をおさえ虫歯を防ぐ効果があることが分りました。

 

さらに虫歯菌に感染したラットの虫歯の進行をおさえる効果も報告されています。

 

ポリフェノールというとまずイメージするのがワインかもしれませんが、
ポリフェノール含有量はチョコレートの方が多いのです。
ポリフェノールは「抗酸化物質」と呼ばれる細胞の酸化を抑制する物質で、
それを摂取する人にさまざまな効果をもたらしてくれます。

 

チョコレートはおいしく食べることで、虫歯や口腔環境に対して
「虫歯の原因菌に対する抗菌作用・歯周病菌に対する殺菌作用・歯垢をつきにくくする」
「口臭防止・口内浄化」といった効果をもたらしてくれるのです。